今回は焼付塗装について紹介したいと思います。

先日、当社でいつも焼付塗装をお願いしている名取市の小林焼付塗装さんへ行ってきました。

打ち合わせしていると面白いカラーサンプルを見せて頂きました。現在イチオシの亜鉛メッキ調焼付塗装だそうです。

通常、亜鉛メッキは鉄骨部材等に主に使われる耐候性をあげるための表面処理です。最近はデザインの一部などにも使われ、特に近年は低光沢処理(リン酸塩亜鉛処理)仕上げなどが多く使われてきています。

ただし、鉄骨などの一定の厚さのある部材でなければ仕上がりにバラツキなどがみられ取り扱いが難しいという側面がありました。

この写真はアルミ素材にアクリル樹脂焼付塗装で仕上げた看板サインです。相当詳しい方でも一見違いがわからないほどの仕上がりだと思います。

このほかにも木目調や金属調の塗装など新しい技術に挑戦する素敵な社長さんです。

このような商品に興味がある方がいらっしゃいましたら気軽にご相談ください。宜しくお願います。

 

有限会社 桂工業 代表取締役 桂木 敏介